Keiichi

記事一覧(166)

七冊目 【ローカルベンチャー】

ローカルベンチャー著者:牧 大介出版社:木楽舎~帯より~人口約1500人の岡山県・西粟倉村。この小さな村で、二社で5億8千万円の売り上げを達成した著者が、2009年からの起業ストーリーと「地域でのベンチャービジネス」を初めて語った。・ソーシャルベンチャーからローカルベンチャーへたぶん少し特殊なのかもしれないけれど、僕の日常では、天気と農作物の生育具合と同じくらいの頻度で話にでてくるのが、地域のこれからの話。地方では「稼ぐこと」をあまりよしとしない空気がある。これは、集落という仕組みに「和を以て貴しとなす」という精神がセットされているからで、日本では全国どこでも同じだと思います。近年はそこに「ソーシャルベンチャー」(事業活動を成立させるための収益性を確保しつつ、同じ活動を通じて社会貢献が可能となるビジネスモデル)が入ることで、「社会貢献」という部分で「和を以て貴しとなす」の地域における再構築が行われているように思います。これからの10年、地域のトップに立つであろう50代は、旧来の「和を以て貴しとなす」の地域特有の仕組みのタガを外すことで、自由競争の原理を取り入れて、地方経済を発展させていった時代の人たちなので、地域を都会の郊外として田園都市的に捉えることで、経済発展を目指した世代でもあると思います。しかし、ご周知のとおり、都市郊外形の地方はどんどん同じような街になり、少子高齢化と相まってこれまでのやり方では利益が望めない時代になってきました。しかし、その戦後日本の流れをただの悪者には出来ないと僕は考えています。何故かといえば、古民家を壊し、田畑を埋め、山を削り、高速道路を通し、大型ショッピングセンターを誘致していった流れもまた、戦争と貧困を知る世代が平和と豊かさと繁栄を切に願った、その時代における「社会貢献」だったと思うのです。貧困の時代を知らず、過食の時代に生まれ、ミニマリズムや地方に「足らざるに足るを知る」なんて言っている我々世代とは、根本的に生きることへの向き合い方が違います。兄弟が飢えて死んだり、女工として売られていった次代は、ほんの少しまえのことです。そんな暮らしから抜け出したいという思いが生んだのが、我々の生きている「物理的に豊かで、精神的に物足りない日本」なんだと思います。戦後の人々も今の我々と同じで、素人が手探りで地域に必要とされる事業を始めてきました。商店街の高齢の店主が、商いの基本を知らないのは当たり前のことです。親の背中を見て学んだということは、我々が産まれた時には当たり前になっていた明治以降の近代資本主義、その創成期を作ったのは江戸産まれの当時の大人です。専門学校や大学や本屋やインターネットで、誰でも経済を学べる我々の時代における「世間一般の常識」は、一昔前は「親の背中と周りの大人から学ぶ=常識」だったはずです。みんな学んだことを実直にやってきたのですが、社会がそのルールを急速に変えていくことに、順応できなかっただけだと思います。たとえるなら、パソコンのOSが新しくなっていままで使っていたソフトが使えなくなった。という感じのことが急速に起こってきたのでしょう。「ローカルベンチャー」を僕は新しい考え方だとは思いません。科学やお金を神様のように崇める時代は、今緩やかに終わりに向かって下降し始めました。時代は、むしろ基本に立ち返えろうとしているのではないでしょうか。本書に「600人の村民が、一週間に1000円ビール代を払うとすると、600人×1000円=60万。一年50週で3000万。村外から仕入れているビールを村で作れば、これだけのマーケットはすでに存在してるから、ここにもビジネスチャンスはある」という旨のことが書かれていましたが、「この峠は越えるのに半日はかかるのに休み処がひとつもない。ここで茶とだんごを売ったら旅人は喜ぶぞ」という古来良くあった開業のプロセスと同じ話だとおもいます。そうやって地域の必然に駆られて、商店街や宿場町が生まれていったことを、現代風にいえば「ローカルベンチャー」と呼ぶのでしょう。・移住者は「地域のために」生きてはいけない本書の項目のひとつですが、これにはとても共感しました。「地域のために」生きるというのは聞こえがいいのですが、これは旧来の「会社のために」と同じ仕組みです。その働き方の末路を我々は見聞きしてるはずです。社に尽くしたのに自分を正当に評価しない会への愚痴。同僚、上司への妬み僻み、もちろんすばらしい会社はたくさんありますが、残念なことにそれは一部です。やりがい搾取の構造が「地域のために」働くということに構造的に組み込まれています。これは危険な言葉です。周りからも自分自身も「地域」という見えないなにかに阻まれ、操られてしまいます。本書ではそうならないように「純度の高いワクワクファーストでいけ」とアドバイスをしていますが、「純度の高い」というところに大切な部分があると思います。・地域との関わり方は恋愛と同じこれは僕の持論ですが、移住に限らず、起業も生活もあらゆることは「社会」とどう関わっていくのかということです。その根本が「誰かのため」というのは、後から苦しくなるケースが多いです。これは恋愛で考えるとわかりやすいと思うのですが、まず「恋愛」に正解や近道はありません。ひととひとが関わるという点ですべてが同じです。「結婚」を決める時に大切なのは、相手の経歴や家族関係をすべてをスコアにして明らかにすることではなく、目の前にいるその人と、それまで過ごした日々のなかでどう感じてきたか、という主観的な感覚です。そして、その人のことを「信じたい」と思えるかどうかです。信じられるか否かという事実じゃなくて、自分が信じたいと思えるかどうかが大切です。長くなってしまったので最後にしますが、社会とうまく付き合ううえで、もっとも大切なことは「演じることに疲れないようにする」ことです。「演じている」と言われると、うそをついているようで嫌悪感のある人も多いですが、人間は無意識に実に多数の「自分」を演じ分けることで他者との関係を築いています。親の前の自分・友人の前の自分・恋人と前の自分・会社での自分…関わる人間の数だけ、無意識に異なった「自分」を演じてます。好きになった相手に合わせて好みを自然に変えたり、服装を変えたりしますよね。それが「演じる」ということです。それは「相手の好きなものを理解することで相手のことを外側と内側から理解する」作法です。地域との関わりにも同じ作法が必要だと思います。「演じてる自分」に疲れない為にの作法は様々ですが、ローカルで受け入れられる人には特徴があります。僕が出会ってきた限り、意識的にせよ無意識的にせよ、みんな真面目というよりマイペースな人たちでした。真面目な人は演技に疲れてしまいます。一生懸命な人ほど周りが求める役割に疲れるのです。本書ではローカルビジネスにあたって「なにかに夢中になって価値を生み出したい」という思考を良しとしています。そういった状態のときは、自分が求められ役を演じていることを忘れるほど熱中しているでしょう。そしてなにか夢中になれることなんて早々見つからないので、わがままになぜそれに惹かれるのか?なぜ必要だと思うのか?という意味を問い続ければ、どんなに小さな興味や問題も、すべては稼げるローカルベンチャーへ繋がるのではないでしょうか。

六冊目 【断片的なものの社会学】

断片的なものの社会学著者:岸政彦出版社:朝日出版社社会学者の筆者が実際に出会った「解釈できない出来事」を記録したエッセイ。この本に納められた物語は、とるにたらないものばかりで、とりたてて語るほどの物語ではない、言葉にしたら途端に陳腐になるようなそんな記録。実写化や映画化できないようなそんな物語、本当はこの世界に暮らす僕にもあなたにも書ききれないほど、たくさんの物語がある。それらは語ることも書き残されることもなく生まれては消えていく。この本は、そんな物語に断片的を切りとっている。はじまりもおわりも唐突で、旅先で偶然言葉を交わした人との会話に似てる。社会学は答えを見つける学問ではない。生きる現実に巻き込まれながら、頭で理解するだけでなくて、身をもってわかる。それによって何も変わらないこの世界を多面的に捉えなおす。そんな学問だと思います。この本は面白くない人にはとても面白くないでしょうが、ぼくにとっては忘れられない一冊になりました。映画のようなドラマチックなことは収められていない、どこかの誰かの物語。事実は小説より奇なりというが、まさにそのとおりだと思う。ちょうど今、かえるが鳴き出した。それだけのことが妙に心に残ることがある。

私の好きな民藝の先。

【私の好きな民藝】でも大変お世話になった哲学者・鞍田崇さん・奥さま・有道杓子の奥井さんとの記念撮影。このあと皆で安土さんの工房へ向かいました。限られた時間のなかで、私の好きな民藝高山編をたどるように、半日ご一緒させていただきました。昨日、僕は同行できなかったのですが日下部民藝館へも足をお運びいただいたとのこと、本当にご縁を繋いでくれた飛騨産業の岡田さんに感謝です。今から、およそ100年前、柳宗悦等、民藝運動の同人等も同じように地方を訪ね歩き、時代に省みられることのなかった名もなき職人たち(草鞋を作る人々)へ民藝という言葉を贈りました。それは、売るためのブランドを与えたわけではけっしてなく、「あなた方はそのままでいいんです。その汚れてた手が、豊かとはいえない生活が、こんなに美しいものを作り出す源になっている。だからそのままでいいんです。」と彼らのありのままを讃え、包み込むそんな旅だったのでないでしょうか。その時に、救われたのは草鞋をつくる人々だけでなく、急速な西洋化のなかで、未来の日本を憂いもがいていた当時の若者。柳宗悦をふくむその世代の多くの知識人もまた、近代が捨ててきた日本の田舎のそのままの姿に大いに救われたことでしょう。お互いが手をとりあってものを作り、民藝という文化を育ててきたと僕は思います。けして、柳宗悦は神様ではなく、柳宗悦も民藝のものや民藝を生きる人々に救われた、ただのひとりの人間だったと僕は思います。それは自らが「煩悩具足の凡夫」であるといわれた親鸞上人が悪人正機の中で説かれた『善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや』【意味】善人だって悟りを開くことができるのだから、まして悪人が悟りをひらき、彼岸に到達できないわけがない。という考えに基づくことだと思います。自らが「煩悩具足の凡夫」であるという想いで向き合うからこそ光明が見えるものだと思います。それは、柳宗悦の民藝に関する書物が難しいと言われることにも繋がると思います。読む側が「煩悩具足の凡夫」であると思い向きあわなければ、その内容の真偽や理屈にばかり眼を取られてまっすぐ向き合うことは出来ないでしょう。たとえば【○○で痩せる!究極のダイエット】という教則本をよんで、本当に痩せれた人は、その本の内容を信じて愚直な努力をしたからです。流し読みや、しゃにかまえて読んで、適当にこなしてた人が痩せるわけがないのと柳宗悦の話が理解できないというのことは、まったく同じ構造の話だと思います。