作家紹介


安土草多 (岐阜県)

1979年 岐阜県高山市に生まれ
2001年 父・安土忠久氏に師事
2002年 高山市にて築窯。

齋藤十郎(静岡)

1969年 神奈川県藤沢市生まれ
1993年 小代焼ふもと窯 井上泰秋氏に師事
1998年 岩井窯 山本教行氏に師事
1999年 岐阜県高山市朝日村にて築窯
2004年 静岡県伊東市に移転。

瀬戸本業窯 (愛知県)

民藝運動の最盛期に柳宗悦等に見出された窯のひとつ
創業は江戸時代 6代半次郎の時代に柳の工藝論に感銘を受け、本業の仕事を今世まで守りぬいて来ました。
[本業]とは1800年代 染付けが盛んになり窯主が増えた際それ以前から作られていた陶器を指す言葉として生まれました。本業窯では土地の原料を使い分業制を守りながら時代に即した器作りを現在も続けています。


高桑英隆 お花畠窯 (富山県)

1948年 秋田県生まれ
1971年 秦秀雄氏に師事
1978年 富山市に築窯
1986年より李朝陶器を学ぶために 度々 渡韓。

前野直史 生畑皿山窯 (京都府)

1965年 京都市生まれ
1990年 大谷大学文学部哲学科卒業
1991年 京都府立陶工高等技術専門校成型科卒業
    同年 俊彦窯 清水俊彦氏に師事
1997年 南丹市日吉町生畑安鳥にて築窯

山口和声 (三重県)

1983年 三重県生まれ
2006年 名古屋芸術大学絵画科卒業
2010年 愛知県立窯業高等技術専門校卒業
  同年 岩井窯 山本教行氏に師事
2013年 伊勢市にて築窯

大久保公太郎 大久保ハウス木工舎 (長野県)

1979年 長野県生まれ
2001年 富山大学を卒業 三年のサラリーマンの生活ののち、京都に移り木工の道へ入る
2011年 上松技術専門校にて家具製作に技術を習得
2012年 大久保ハウス木工舎を立ち上げる


奥井京介 奥井木工舎 (岐阜県)

2010年 奥井木工舎を立ち上げる
飛騨地方の伝統工芸品[有道しゃくし]を
昔ながらの手法を守り作り続けています。

小島優 (兵庫県)

1973年 兵庫県生まれ
1991年 渡英 椅子職人ビルハッドフィールド氏に師事
2008年 松屋銀座にて個展
2011年 日本民芸館転入選
2013年 国画会入選

七尾佳洋

1967年 函館市に生まれ
1992年 沖縄県立芸術大学
     柴田雅章氏に師事。
1995年 北海道檜山郡厚沢部町で作陶。
1998年 厚沢部町清水に築窯。
     現在滋賀県に移り住み作陶中。